転職の際はここに注意すべし

求人情報はネットが中心

時代の変化

第二新卒という言葉が定着していますが、転職は今では珍しいことではなくなりました。
かつての終身雇用や年功序列がうまく機能していた社会ではいいですが、今は成果主義を導入するところも多く、若くても実力が伴えば収入アップをめざして転職しているのが現在の転職状況です。

また最近では若年層だけでなく、30代後半から50歳くらいの世代も転職は盛んです。
即戦力として経験者を積極的に募集しようという企業も多くあります。
あえて、そうしたミドルの世代に絞り込んだ転職サイトもあるので、企業ニーズやそうした世代の転職も多いと思われます。

そう考えると転職市場は活況であり、より働きやすい環境あれば世代に関係なく就活しているということですね。

転職活動の変化

一昔前であれば考えられないほど、企業の選考、または転職者の活動のスピードは早くなっていると言えるでしょう。
応募から書類選考、面接試験に至るプロセスは、ネットに移行したことにより、かなり短縮されました。
履歴書や職務経歴書においては、登録すればデータ化されており、複数の会社への応募も可能になっています。

スカウトのような機能もついていて、自身の希望の条件を入力しておけば、企業からスカウトが届くこともあります。
もちろん、入社前提のスカウトではなく書類選考がクリアになり、面接からなどの特典としてのスカウトもあります。

履歴書や職務経歴書を書いて郵送して、というかなり骨の折れるプロセスを経て選考に至っていたと思うと、驚くべき早さと手軽さです。