転職の際はここに注意すべし

求人情報からわかること

募集したい人物像は?

現代においては、男女雇用機会均等法も改正されながらほぼ定着したと言えるでしょう。
しかし、人材を募集する企業側にとっては、この業務は女性の方がいいとか、この仕事は肉体的に少し辛いので男性の方が適しているなど、想定できるイメージというのはあるはずです。
均等とは言っても、やはりどうしても男女それぞれ適している業務や業種があるものです。
もちろん、すべての職種は男女平等で年齢に関係なく開かれているべきというのは前提ですが、現場において難しいこともあるのも事実です。

法律によって年齢制限や性別の制限を記載できないことで、企業側もほしい人材を別な表現におきかえる必要もありますし、そのような読み方をするのも自分の新しい職場を探すのに必要かもしれません。

前提を誤らないように

未経験でも可と書いてあったとしても、誰もが応募できると思うのは早計です。
求める人物像のようなところ読めば必須の資格やスキルも記載されています。
まったくの未経験可能な人を募集するというのはあると思いますが、なにか特別なスキルを持っているなど強みがないと難しいかもしれません。

職場のイメージに「20代から30代が活躍しています」と書いてあれば、40代後半から50代にとってはそれはミスマッチというものですよね。
管理職を募集しているのでもない限り、これはパスしておいていいかもしれません。
例外的年齢が制限されているものもありますが特例があるようです。
長期勤続によってキャリア形成を図るためなど会社の事情により、年齢を若年層に絞っているのはそのためです。